川崎市母子・父子福祉センター サン・ライヴ

エンゼルパートナー制度
ひとり親家庭のための生活援助・子育て支援

利用については事前面談での登録が必要です。

こんな時に利用できます

  • 修学等の自立促進のための事由(技能取得の為の通学、就職活動等)
  • 社会的事由(疾病、出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、失踪、転勤、出張及び学校等の公的行事への参加等)により、一時的に生活援助及び子育て支援等のサービスが必要な場合。
  • その他、緊急事態発生時等の特別な事情により、生活援助及び子育て支援が必要な場合

援助・支援の実施場所

生活援助
利用者の居宅
子育て支援
支援員の居宅及び講習会等受講場所

利用日数等

  • 月10日を限度とする。[1年度(4月~翌年3月末)240時間以内]
    ※年間を通しての継続的なご利用はできません。(ただし、母子・父子家庭の残業は除く。)

ひとり親家庭等を支援する有償ボランティア(家庭生活支援員)募集中!!

日常生活支援事業は、母子家庭、父子家庭、寡婦を対象として一時的に家事や育児ができない時に、家庭生活支援員を派遣して日常生活を支援する制度です。家庭生活支援員として有償ボランティアをしてくださる地域の方を募集しています。子育て経験や資格を活かして川崎市ひとり親家庭等をサポートしてみませんか?

■子育てサポーター養成研修のご案内

あなたの子育て経験を活かしてみませんか?
ひとり親家庭等の子育て支援を行っていただくサポーターの養成研修を行います。
保育園見学や消防署で救命講習会があります。
4日間受講可能な方お申込みお待ちしております。

応募人数30名 川崎市在住20歳以上の方
申込期間平成28年12月15日(木)~29年1月25日(水)
申込方法電話で直接お申込みください。
研修日平成29年2月16日(木)・17日(金)・2月23日(木)・24日(金)
時間9:30~16:30(内1時間休憩)
講義内容 「乳幼児の発達と遊び」・「保育園見学」
「学童期の発達と遊び」・「児童の成長と食生活」
「児童の病気」・「緊急時の対応と応急処置」等
会場川崎市母子・父子福祉センター
川崎市公立保育園
中原消防署
pagetop
Copyright (C) 2017 KAWASAKI-City Boshi・Fushifukushi Center. All Rights Reserved.