川崎市母子・父子福祉センター サン・ライヴ

就業相談・自立支援
川崎市母子家庭等就業・自立支援センター
(母子・父子福祉センターに併設)

再就職・転職の相談受付

ひとり親の方々に、安定した仕事に就いていただけるよう、個別の相談に応じながら、資格取得のための情報提供や再就職・転職のプランづくりをお手伝いいたします。

※個別相談は電話でご予約くださいますようお願いいたします。

川崎市母子家庭・父子家庭自立支援事業

(1)川崎市母子・父子自立支援プログラム策定事業

自立支援プログラム策定員が、面談を通して個々の希望を伺い、就業や資格取得等に役立つ情報を提供し、自立するために必要な支援メニューをご提案します。

川崎市より給付金が支給される下記(2)(3)(4)の制度があります。当センターで受付・事前面談を行い、川崎市こども未来局こども支援部こども家庭課にて審査のうえ支給されます(所得が児童扶養手当支給水準の方対象)。

(2)川崎市自立支援教育訓練給付金事業

雇用保険の教育訓練給付金の支給を受けることができない母子家庭の母や父子家庭の父が、就業に必要な資格や技能を習得するために、厚生労働省が指定した教育訓練講座を受講し修了した場合に、受講料等の6割(上限20万円、下限1万2千円)が支給されます。

※受講申し込み前に必ず事前申請が必要です。

(3)川崎市高等職業訓練促進給付金等事業

看護師(准看護師)、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士、その他、川崎市が認める資格が対象となり、1年以上の養成機関に修業する場合に、訓練促進給付金が支給されます(所得により月額100,000円または70,500円、上限3年間)。また、訓練修了後に修了支援金が支給されます(所得により50,000円または25,000円)。

(4)川崎市ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

母子家庭の母や父子家庭の父、ひとり親家庭の子どもがより良い条件で就職や転職を行うために、高等学校卒業程度認定試験合格のための講座を受講し修了した場合に、受講修了時給付金として受講料の2割(上限10万円)を、また、修了から2年以内に高等学校卒業程度認定試験の全科目に合格した場合に、合格時給付金として受講料の4割(受講修了時給付金を含めて上限15万円)が支給されます。

相談受付
火曜日~土曜日、第1・3日曜日 午前9時30分~午後4時
(水・金曜日 午前9時30分~午後8時)
※お電話にて予約受付いたします。
044-733-1166
休所日
毎週月曜日、第2・4日曜日、祝日、年末年始
pagetop
Copyright (C) 2017 KAWASAKI-City Boshi・Fushifukushi Center. All Rights Reserved.